中央建設株式会社

採用情報

社員紹介

乗り越えた困難の数だけ、
自分自身が成長できる。

工務部

濵邉 暢幸

2008年入社  おかやま山陽高等学校卒

安全な現場づくりが、
安心できる建物をつくる。

高校生の頃、土木科に在籍しており、土木に関係する仕事をしようと決めていました。地元で働きたかったので、倉敷にある土木関連会社である当社に入社しました。現在は工務部にて現場監督をしています。家屋解体等の見積もり、施主様との打合せ、現場での工程、施工管理、人数が足りない場合作業員としても働きます。常駐していた現場が、無事故・無災害で完工した時にはやりがいを感じます。

一筋縄ではいかないところが、
建設業の面白いところ。

工期に余裕のない現場は苦労します。少しでも工期を短縮するため、施工方法を元請け様と検討しても、元請け様が納得されず、上手く現場が回らないこともありました。元請けの所長様や担当者様をはじめ、様々な方達と日々会話、打合せを行い、無事に工期内に現場を完工させることが出来たときには、ほっとしました。施工途中に発生した様々な問題に対処するためには、普段から意思疎通を深めておくことが重要です。

1日のスケジュール
7:30
出勤
工務部朝礼
8:30
現場朝礼
現場管理
12:00
昼休憩(筋トレ、仮眠)
13:00
現場管理見積
16:30
イメージアップについて思案
17:30
退勤

様々な専門科があるから、いろいろな技術を磨くことができます。

無事故・無災害で現場を進めるためには、職人さんとの会話と打ち合わせを大切にするなど、日々のコミュニケーションが欠かせません。当社は工務部の他、土木、建築、下水部など様々な部署があり、様々な仕事に取り組めるだけでなく、いろいろな人たちとコミュニケーションを取ることができます。たくさんの人と会話し、情報を収集して技術を高め合うことができますので、自分の成長にもつながっていると感じます。